洗濯の色移りする衣類の分け方!色移りした場合の落とし方や防止策は?

新しい洋服やタオルなど、
他の物と洗濯して色移りしちゃった…

という経験ありませんか?

大切なお洋服が
色移りしたらショックですよね〜m(__)m

今回は、

◎衣類が色移りした場合の対処法
◎色移りしない防止策

について詳しくご紹介します!

洗濯の色移りする衣類の見分け方と分け方は?

洗濯した時に、色移りする衣類の
見分け方って難しいですよね〜。

でも簡単に衣類が色移りするかどうか
見分けられる方法があるんです(^^)

とっても簡単な方法で
家にある道具を使ってできるのでお教えしますね♪

白いタオル(汚れてもいい)に
洗濯用洗剤をつけ、試したい衣類にトントンするだけ!

ねっ。簡単でしょ!!

トントンして白いタオルに色が移っていれば、
その衣類は色移りします。

白いタオルをおすすめしたのは、
色移りしているか確認しやすいから。

色移りが分かるようであれば
色の付いたタオルでもOKです。

トントンしてもタオルに色が移っていなければ、
他の物と一緒に洗濯しても大丈夫
です(^^)

簡単に色移りするか分かるので
是非やってみて下さいね〜。

色移りする衣類だと分かれば
同じ系統の色同士を一緒に洗濯すればOKです。

黒が黒に色移りしても分からないですもんね♪

洗濯物が色移りしてしまった場合の落とし方は?洗濯物が乾いた後でも間に合う?

では、
色移りした洗濯物の落とし方は
どのようにすれば良いのでしょうか?

色移りしてしまった場合は
できるだけ早く対処することがポイント
です!

◎色移りした場合の落とし方

①50℃程度のお湯をバケツや洗面器に用意します。

②そこに規定の2倍の弱アルカリ性洗剤と、
酸素系漂白剤を規定量入れます。
(酸素系漂白剤は柄物にも使えます)

③1時間つけ置きします。

この方法でたいていの色落ちは
キレイになっているはずです(^^)

もし落ちていなければ
つけ置きの時間をもう少し長くして下さいね。

汚れが落ちていれば、
軽くすすいで洗濯機でいつも通りに洗えばOK!

では、時間が経ち
洗濯物が乾いた後の場合はどうでしょうか?

白い衣類の場合
塩素系か酵素系の漂白剤でつけ置きしましょう。

こうする事で、黄ばみも綺麗に取ることができます。

色柄物の場合は、
色や柄まで薄くなってしまうので
塩素系漂白剤は使わないでください。

50℃のお湯に、重曹と酵素系漂白剤を入れ
30分ほどつけ置きして下さい。

この方法でもキレイにならなければ
潔くクリーニング店に持ち込んでください笑

諦めるかプロに任せるかは
あなた様次第です!!

洗濯物の色移りを簡単に防止する方法は?

洗濯物の色移りを簡単に防止する方法について
お伝えしていきますね(^^)

すぐ出来る簡単な色移り防止の方法は、

①色移りしそうな衣類は単独で手洗いする。

少々根気がいりますが…
確実ですよね〜。

②洗濯ネットにいれて洗う。

洗濯ネットがあることで、
他の衣類との密着を防ぎ

色移りを防ぐことができます。

濡れている間に衣類がくっついていると
色移りする場合がある為、
洗濯が終わればすぐに干して下さいね!

③色移り防止シートを使う。

洗濯物と一緒に色移り防止シートを入れるだけで、
衣類から出る色落ちを吸い取ってくれるので、
他の物に色移りしないという
神アイテム
です。

色移り防止シートは
忙しい主婦の強い味方になるはず(^^)

是非、試してみて下さいね〜!

まとめ

大切な衣類、色移りしたらショックですよね〜。

色移りを防ぐポイントは
洗濯前に色落ちするかきちんと確認すること!

色移りしてしまったら早めに
つけ置きを行い色移りを落としましょう。

色移りを防止する簡単な方法は

◎単独で手洗いする
◎洗濯ネットに入れて他の衣類と密着させない
◎色移り防止シートを使う

ことで防ぐことができます。

是非、実践してみて下さいね〜(^^)

check>>>この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら!

お風呂に入る時、脱いだ服をそのまま洗濯機にポイっとしていませんか?そのやり方だとお気に入りの服も傷んでしまいます。お気に入りの服はいつまでも綺麗なまま着たいですよね〜。今回は、洗濯の【色物】と【白物】の正しい分け方について詳しくお伝えしていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする