洗濯の色物と白物の正しい分け方は?ネットに入れるだけではNG !?

今日も1日おつかれさま。

お風呂に入る時、
脱いだ服をそのまま洗濯機にポイっとしていませんか?

そのやり方だと
お気に入りの服も傷んでしまいますよ〜。

お気に入りの服は
いつまでも綺麗なまま着たいですよね?

今回は、
洗濯の【色物】と【白物】の正しい分け方について
詳しくお伝えしていきます!

洗濯物の色物&白物とは?

洗濯物の【色物】【白物】

この言葉を聞いて、
今、目の前にある洗濯物を分けることができますか?

目の前に洗濯物がない方は
今、着ている服で考えてみてください。

【白物】は、
白いシャツや白い靴下や下着、タオル。

白物はなんとな〜く分かりますよね。

では、【色物】はどうでしょうか?

色物=白以外の色のものです。

ここまでは簡単ですよね(^^)

では、

Q.白いシャツで、襟や袖などワンポイント部分が
色付きのもの
はどうでしょうか?

A.答えは白物です。

次に、

Q.淡い色のものはどうでしょうか?

A.答えは、白物になります。

衣類をもう少し細かく分けるとするならば

◎白物
◎色物
◎柄物
◎黒物

に分けるといいでしょう。

【黒物】は、黒・青・紺・緑・紫などの濃い色のものです。

できればこの色は他と分けて洗濯するのがいいですね。

【柄物】は、白い部分が多い場合は白物
反対のものは黒物に分けましょう。

これさえ覚えていれば色分けは完璧!

洗濯の際の仕分けも簡単に出来るようになりますね♪

洗濯するときの色物の正しい分け方は?

色分けの仕方はバッチリですよね。

では、洗濯するときの色物の
正しい分け方はどうでしょうか?

白物は色移りを考えて、
他の色とは分けて単体で洗濯をするのがベスト
です。

生地は、他の衣類との摩擦や脱水で
刺激を受けると汚れが落ちます。

しかし、同時に色も落ち、
痛みや使用感がでてしまいます。

出来るだけ洗濯ネットを使って、
他のものとの摩擦を減らすことがポイント
です。

同じネットには同じ系統の色のものを入れると
色移りの心配もないですよ〜(^^)

洗濯機に入れる順番も、
セーターやパーカー等の重いものを先に入れ、
シャツや下着等の軽いものを後から入れることで、
洗濯中、回転時の摩擦を減らすことができます。

是非、試してみて下さいね♪

洗濯物の色物はネットに入れるだけではダメ?

洗濯の際に使う便利グッズとして
洗濯ネットを使い方が大半ですよね。

洗濯ネットに入れることで、
衣類の型崩れを防いでくれます。

その他にも、生地の痛み予防や
衣類同士のからまり、毛羽立ちや糸くずが付くのを
防いでくれる効果
があります。

ではここで問題!!!

色物はネットにいれて洗濯機にポイッ。
これでいいでしょうか?

もちろん何もしないよりはネットに
入れた方がいいのは当たり前ですよね!

でもせっかくネットを利用するなら
もっと効果的な入れ方で洗濯しませんか?

ネットの入れ方で実践してほしいのが
色物や黒物をひっくり返して
中表にした状態にすること!

黒物や色物は、
他の物と洗うと毛羽立ちや毛玉が出来やすくなります。

それを防ぐためにも、
守りたい面を内側にして
できるだけ摩擦を減らすのがポイント
です。

ネットにギュウギュウに衣類を詰めすぎるのもNG。

うまく洗えない上に、
中身同士の接触面が大きく毛羽立ってしまいます。

とても便利な洗濯ネット。

正しい使い方をして、お気に入りの服を
いつまでも綺麗なままの状態で保ちましょうね♪

check>>>こちらの色移り防止シートもおすすめです(^^)

洗濯の際にシートを1枚入れるだけ!

白物と色物を一緒に洗濯しても
色移りや色落ちの心配なしの神アイテムです!!

まとめ

お気に入りの服やタオルなど、
綺麗なままの状態を保ちたいなら
洗濯の色物と白物はできるだけ分けて洗いましょう。

白物は、
白や淡い色、白い色が大部分を占めているもの。

色物は、
白以外の黒物や、柄物。

黒物や柄物は裏返し、中表の状態で
ネットに入れて洗濯するのがポイントです(^^)

ほんのひと手間で衣類が長持ちするので
是非、試してみて下さいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする