海外ホテルで赤ちゃんのミルク用お湯の調達できる?トラベルケトルのおすすめは?

赤ちゃんを連れての海外旅行。

不安や心配事はたくさんありますが
その中も大変なのが、赤ちゃんのミルク作り!

完母であれば心配ありませんが
混合や完ミで育てている方は問題ですよね〜。

海外ではケトルが設置されていないホテルも多いです。

そんな時の対処法や、海外旅行におすすめの
トラベルケトルをご紹介します♪

海外で赤ちゃんのミルク用お湯を調達する方法は?

海外旅行の際、赤ちゃんのミルク作りに
欠かせないお湯の調達は簡単な事ではありません。

英語がペラペラ喋れて、ホテルやレストランで
「ミルク用のお湯が欲しい」とスタッフに伝えるのが
容易な方であれば、そんな心配は要りませんが…

そんな方は少数ではないでしょうか?

海外旅行に慣れていない多くの方は
こちらの要望を伝えるなんてかなりハードルが高いですよねm(__)m

海外旅行に行く前に
きちんとミルク用のお湯の調達方法を
把握しておくと、スムーズな旅行になりますよ〜♪

まず、海外旅行に行く時に用意しておきたいもの

・旅行の日数分+多めのミルク。
・哺乳瓶(数本多めに持っていくと安心)
・ミルクを冷やす水
・ミルク作りのお湯をストックしておくための魔法瓶水筒

これは、最低限持っていくべきものです。

その他にも、哺乳瓶の消毒等の問題が出てきますが
今回の記事では省きますね^^;

これらの準備をした上での
旅先でのミルク作り用のお湯の調達方法を
ご紹介します!

飛行機内でのミルク用のお湯の調達方法

旅行に出発する際、第一関門は飛行機の機内。

機内ではお湯をもらえる場合がほとんど。

日本から出発する場合は、
日本語が通じる客室乗務員がいるので
「お湯が欲しい」と要望を伝えるのも簡単ですね。

ただ、お湯なので熱いです。

お湯だけでミルクを作ると冷やすまでに
時間がかかり、赤ちゃんの機嫌が悪くなる場合も。

必ず調乳用の冷えた水を、用意しておきましょう。

魔法瓶でミルク作り用のお湯を持ち込むことも可能です!

通過の際に、係員に確認してもらい
機内に持ち込むことができるので
心配な方は自宅から用意しておくのもおすすめですよ〜。

ここで注意しておきたいのが
・作ったミルクを機内に持ち込めるのか?
という点。

意外ですが、
ミルクを作って機内に持ち込むことはNG!!!
なんですm(__)m

基本的に、作り置きをしたミルクは
液体物とみなされてしまうので持ち込み不可

なりますので注意してくださいね。

事前に航空会社に問い合わせをしておくと
より安心して飛行機に乗ることができますよ♪

ホテルでのミルク用のお湯の調達方法

では、続いて海外のホテルでのお湯の調達方法を
ご紹介します。

ホテルの部屋に電気ケトルが付いていれば
自分で調乳用の水を沸かして
ミルク用のお湯が作れるので問題はありませんよね(^^)

問題なのが、部屋にケトルが無い場合。

国内ではほとんどのホテルの部屋に
電気ケトルがありますが、海外では無いホテルも多いです。

その場合は、ほとんどの海外のホテルでは
(よほどグレードが低いホテルは別)
フロントに「お湯が欲しい」と言えば
もらうことは可能です。

「boiling water,prease」で伝わります(^^)

○ boiling water
× hot water

hot waterではあまり熱くないお湯が出てくる場合があるので
必ずboiling waterと伝えてくださいね。

・ホテルの部屋のケトルを使うのに抵抗がある
・いつものと違うお湯(水)を使うのに抵抗がある

という方も多いですよね〜。

いつもと違う水でミルクを作って
赤ちゃんが飲んでくれない可能性もゼロではありません。

そんな方にはトラベルケトルがおすすめ!

折りたためてコンパクトになり
海外にも対応しているので旅行にぴったりですよ(^^)

◎海外対応

AC100〜127V/220〜240V
50/60Hz

国によって電源変換プラグが必要になる場合があります。

◎コンパクトサイズ

折りたたみができるタイプのケトルなので
コンパクトに収納することができます。

収納時は、使用時の2/3に折りたためるので
スーツケースにも入れやすいサイズです♪

500mlとミニサイズなので
使いやすいですよ!

◎スピーディに沸騰

200mlなら約2分半、
500mlなら約4分で沸騰します。

冷めると自動で再沸騰する保温機能も
搭載されています。

折りたたみケトルがあれば
赤ちゃんのミルク作りが簡単なので
旅行を楽しむことができますね♪

その他にもホテルの部屋で
コーヒーやお茶、味噌汁などを作れるのも
嬉しいですよね〜(^^)

折りたためる電気ケトル
check>>>【令和 改元記念クーポン配布中! 5/7 12:59迄】折りたためるトラベルケト…

折りたたみのケトルではありませんが
カシムラのケトルも人気です。

カシムラのケトルの良い所は
マルチ変換プラグが付いている点。

旅先で便利なコップも2つ付属しています。

AC100~130V/AC220~240V
50/60Hz

容量:400ml

ケトルがあればホテルでお湯を多めに用意して
魔法瓶水筒に入れて持ち歩くと
外出先でもすぐにミルクを作ることができますね。

赤ちゃん連れなので
朝から晩まで外にいてホテルに戻らない
という事は少ないと思います。

魔法瓶でお湯を用意しておくと
半日程度は安心なのではないでしょうか(^^)

さいごに

今回は、海外でのミルク用のお湯の
調達方法についてご紹介しました。

折りたたみのケトルがあると
ホテルで安心してミルク作りができますよ〜。

衛生面を気にする方には
是非おすすめです!

赤ちゃんとの海外旅行が
楽しい思い出になりますように(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする