ピーマンの種は食べられる!?生や黒い種の場合は?種は消化に悪い?

栄養満点の野菜、ピーマン。

皆さんはピーマンの種を食べれるって知っていますか?

意外にもピーマンの種は栄養豊富!

では、ピーマンの種が黒い場合や
生のままの場合、食べることができるのでしょうか?

今回は、ピーマンの種について詳しくまとめてみました!

ピーマンの種は食べられるって本当!?

ピーマンを調理する時、
【種は取り除いている】という方がほとんどですよね〜。

実際に、私もピーマンを調理する時
ピーマンの種は捨てていました。

そんな時にママ友が作ったピーマン料理を見ると
種を取らずに料理しているじゃありませんか!!!

「ピーマンの種って食べれるよ〜(^^)」

衝撃でした!(笑)

半信半疑で調べてみると…

ピーマンの種は間違いなく
食べることができます(^^)

ピーマンの種には栄養もバッチリ!

詳しくお伝えしていきますね♪

ピーマンにはビタミンCやカロテンが
豊富に含まれており、風邪予防や
体力回復などに効果があります。

ピーマンの種には
・ピラジン
・カプサイシン

の成分が多く含まれています。

ピラジンとはピーマンの苦味成分であり
実に比べて、種の方がより多くの
ピラジン成分が含まれています。

このピラジンには血液をサラサラにしてくれる
働きがあり、種ごと食べると効果がアップします。

カプサイシンは辛味をもたらす成分で
食べると脳を刺激して、アドレナリンが分泌されます。

アドレナリンが出る事で
汗をいっぱいかくのでダイエットや代謝UPにも効果があります。

このように、ピーマンの種には
人の体にとって良い栄養素が沢山含まれているのです。

特に、冷え性やダイエットをしたい方には
ピーマンの種は強い味方になる食べ物ですよ(^^)

ピーマンの種が生の場合は?種が黒い場合は?

体にとっても良いピーマンの種ですが、
たまに黒くなった種がありますよね〜(TT)

黒い種は食べても大丈夫なのか?
と、心配ですよね〜。

食べ方も【生】で食べれるのか
火を通さないといけないのか気になるところ。

では、その辺を詳しく見ていきましょう!

ピーマンの黒い種は食べられる?

ピーマンの種が黒くなる理由は
いくつかの原因があるといわれています。

原因の1つが収穫時期の違いです。

収穫時期の違いによって、
種が白かったり黒かったりする場合があり、
生育状況によっても変わってきます。

もう1つの原因は
収穫してから時間が経っている場合です。

収穫してから時間が経って黒くなった種は、
腐っている場合があるので食べるのは避けましょう。

種が腐っているかを確かめるには、
・実にハリがあるかどうか?
・ヘタや種の周りに汁が出ていないか?

を、確かめるといいですよ。

ピーマン自体が変色している場合も、
腐っている可能性が高いので食べるのはやめておきましょうね。

生のピーマンの種は食べられる?

ピーマンの種は、ピーマンの実と同様に
生で食べる事ができます。

ピーマンはシシトウと同じ仲間の野菜なので、
シシトウの種と同様に食べれますよ。

生で食べると、加熱した時に比べて
ピーマン本来の栄養素をそのまま体に吸収する事ができます。

ピーマンの種は消化に良い?悪い?

ピーマンの種は消化に良いのか
気になりますよね〜。

基本的に、植物や果実の種は
消化されずにそのまま体から出ていきます。

なぜ種は消化されにくいのでしょうか?

理由は子孫繁栄のため。

種は、鳥などが食べても消化されず
体から排出されることによって
違う場所でも子孫を残していけるのです。

なので、種はしっかり噛まないと消化されません。

種の栄養素もそのまま排出されてしまうことも。

じゃあ食べても意味がないの?
と思う方もいると思いますが、
しっかり噛むと消化はされます。

ピーマンの種は栄養満点なので
是非ピーマンの実と一緒に頂いてくださいね!

さいごに

いかがでしたか?

ピーマンの種には
体に良い栄養がたくさん含まれていたんですね♪

これを機にピーマンの種も
一緒に美味しく料理してみてはいかがでしょうか(^^)

こちらの記事を読んだ方に人気の記事はこれ!
↓ ↓ ↓

子供が大好きなりんご。お弁当にウサギ形のりんごを入れると喜んでもらえます(^^)でも、りんごって皮を剥いてしばらくすると茶色くなって見た目も悪くなってしまいます…今回は、りんごの酸化防止の塩水につける時間や割合、塩水の代用についてまとめてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする