どら焼きと三笠の違いは?どら焼き・三笠の由来の情報まとめ!

どら焼きといえば昔からある和菓子で、
子供からお年寄りまで好きな人が多いですよね。

こしあんのどら焼きもあれば、
つぶあんのどら焼きもあり人によって好みも様々。

そんなどら焼きに似た三笠、
見た目が似ているため「違いがあるの?」
なんて思う事はないですか?

一体どら焼きと三笠は
何が違うのか気になりますよね。

そこで、今回はどら焼きと
三笠の違いについてまとめました!

どら焼きと三笠の違いは?

どら焼きと三笠は一体何が違うのか?
気になった事はありませんか。

まずどら焼きとはどういうものか
詳しく見ていきましょう!

どら焼きとはやや膨らんだカステラ状の
生地2枚の中に餡を包んだ和菓子のことを言います。

そんなどら焼きと三笠には違いがなく、
地域によって名前の呼ばれ方が違うのです。

関西はどら焼きを「三笠」と呼ぶ事が多く、
関東はどら焼きと呼んでいます。

関西のどら焼きは餡が見えないように
包まれているどら焼き、
または関西風の和菓子を三笠と呼ぶ事が多いです。

ですので、
関東風の和菓子を関西ではどら焼きと呼ぶのが多く、
また三笠とは違い餡が見えているものの事をいいます。

ですので、どら焼きと三笠の違いは関西、
関東により呼び方が違うだけであって
物は同じになります。

どら焼きの由来は?

どら焼きとは、形が打楽器の銅羅に
似ていることからついた名前が
1番有力説
と言われています。

しかし、他にも異説があります。

武蔵坊弁慶が手傷を負って
民家で治療をさせて頂いたお礼に、
小麦粉と水で作った生地を銅羅で
焼きあんこを包んで振る舞ったのが
起源ともされています。

江戸時代のどら焼きは皮を一枚だけを使い、
端の皮を折りたたみ四角い形になっており、
中央の餡が見えるようになっていました。

現在でいう、きんつばに似た形を
していたと考えられています。

どら焼きには沢山の種類があります。

珍しいどら焼きの種類をご紹介しますね♪

・生どら

1985年に宮城県宮城郡利府町の
カトーマロニエが生クリームと小豆餡を
どら焼きに挟んで販売したのが始まりとされています。

これ以降、各地で生どらが発売されるようになり、
生クリームや餡の代わりにカスタードクリームなどを
挟んだ生どら
が生まれてきました。

地域によってはフルーツをカットしたものを
クリームと挟んでいる生どらもあるそうです!

・蒸しどら

スポンジケーキ状に蒸しあげた生地に
餡やカスタードクリームを挟んた和菓子
になっています。

生地に黒砂糖や抹茶の粉末を練りこんだ
蒸しどら焼きなども販売されています。

三笠の由来は?

どら焼きと同じ三笠ですが、
なぜ三笠と呼ばれる由来になったのか
知っている人は少ないと思います。

関西方面では「三笠」と呼ばれているどら焼き、
三笠焼きや三笠まんじゅうとも呼ばれる事が多いです。

どら焼きが奈良県の三笠山に似た形を
している事から関西で三笠と呼ばれるようになりました。

ですので、特に奈良県では
どら焼きを三笠と呼んで販売する和菓子店が多いのです。

その他にも老舗菓子店「文明堂」での
商品名が「三笠山」と呼ばれていた事からの
由来とも言われています。

通常サイズ意外にも一回り大きめの
三笠を売っている和菓子店が多いのも有名ですよ!

まとめ

いかがでしたか?

同じ食べ物でも地域によって
呼び方が異なるなんて不思議ですよね。

関東ではどら焼きと言わないと
通じない事が多いかもしれません。

2つの名前を覚えておけば
地域によって使い分けができていいかもしれませんね!

今回はどら焼きと三笠についての情報をまとめさせて頂きました(^^)

こちらの記事もよく読まれています!
↓ ↓ ↓

もち・団子・饅頭・白玉♪どれもモチモチしていて美味しいですよね〜!どれも同じような食べ物ですが違いは?と聞かれてすぐに説明できますか?違いは何か知っておくと豆知識が増えますよ〜(^^)今回はもち・団子・饅頭・白玉の違いを分かりやすく解説していきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする