赤ちゃんがいる家庭ではストーブガードは必要?熱くならないものを主婦目線で調べてみた!

寒い季節は部屋の中も寒くなり
ストーブが手放せないという方は多いですよね!

ストーブは部屋中を暖めてくれるアイテムですが
赤ちゃんがいる家庭では危険も伴ってきます。

小さな子供がいるご家庭では

ストーブガードって必要?
ストーブガードって熱くならないの?

と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、子供がいる主婦の目線から
おすすめのストーブガードをまとめました(^^)

赤ちゃんがいる家庭ではストーブガードは必要?

最近のご家庭では、赤ちゃんが触った時や
転倒時の危険を考慮してストーブを
極力使わないというところも多いです。

赤ちゃんがいる家庭の多くは、
エアコンの暖房を使って暖めているところが多いです。

ですが、

エアコンだけでは寒い!
光熱費の安いストーブが良い!

という方もいますよね〜(^^)

私もその一人です!

1歳半の子供がおりますが
冬の寒い時期はもっぱらストーブで暖をとっています。

では、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭では
ストーブをつける際、ストーブガードは必要でしょうか?

答えは、もちろんYES!!!です笑

特に、0歳から3歳までの赤ちゃんがいる家庭で
ストーブを使用するのであれば
ストーブガードはつけておくべきです!!!

小さなうちは「熱い」というのが
わからなく火傷をしてしまう事も多くあります。

自分で動けるようになると、
さらに好奇心が増えて、なんでも触りたがり
見ていないうちに怪我をしてしまう事もあります。

家事をしていて目を離してしまう時などは
特に危険なので、ストーブガードは必需品になります!

ストーブガードで熱くならないものってどんなモノ?

ここでは、熱くならない材質でつくられている
おすすめのストーブガードをご紹介していきます。

・ファンヒーター用
・石油ファンヒーター用
・石油ストーブ用

と、ストーブの種類によって
ストーブガードにも種類があります
ので
ご注意くださいねm(__)m

ファンヒーターガード吹き出し口用

ファンヒーター用のストーブガードです。

熱くならないように
シリコンコーティングをしているので
小さな赤ちゃんが触っても火傷の心配がありません。

取り付けもマグネット式で
工具などは使わないので、
誰でも簡単に取り付け可能です。

コンパクトサイズで場所を取らないのが
魅力ですよ〜。

石油ファンヒーター専用ファンヒーターガード

石油ファンヒーター用のストーブガードです。

シリコンゴムを使用していて、
熱風のあたる部分が熱くなりにくいので
触っただけでは火傷はしません!

マグネット式で着け外しが簡単に出来るので、
いらない時はすぐ外すことができます。

コンパクトサイズなので、
収納の幅も取らないのが嬉しいですね。

ファンヒーターガード三方式

ファンヒーター用の三方式ストーブガードです。

0歳から3歳までの子供を対象に作られた
安全性のあるストーブガードになっています。

ドライバー要らずの折りたたみ式なので
収納もコンパクトに収まります。

ストーブの高さに合わせる調整機能が付いているので
子供がストーブに直接触れる事は出来ないので安心です。

ファンヒーターガード四方式

ファンヒーター用の四方式ストーブガードです。

滑りどめが付いているので
赤ちゃんが触っても簡単には動かないようになっています。

熱風部分はシリコンコーティングされており、
柵の幅も赤ちゃんの手のサイズを考えた
幅になっていて安全性があります。

四方式に柵があるので、
どこを触っても大丈夫な仕組みになっているので安心です。

ストーブガード三方式

石油ストーブ用の三方式ストーブガードです。

大型サイズになっており、
石油ヒーターにも使える商品です。

前側には扉が付いており、
操作も楽に出来るようになっています。

高さも0歳〜3歳までの対象になっているので
上からストーブを触る事も出来ないようになっています。

ストーブガード四方式

石油ストーブ用の四方式のストーブガードです。

大きめなサイズになっているので、
大きいストーブでも対応できます。

赤ちゃんが立っても上から手が届かないように
高さを合わせているので、火傷の心配がありません。

赤ちゃんが近くでこけても柵が倒れないように、
滑りどめが付いているので安心して使えます。

さいごに

いかがでしたか?

今回は赤ちゃんが触れても安全な
ストーブガードを種類別にご紹介しました!

・ファンヒーター用
・石油ファンヒーター用
・石油ストーブ用

と、ストーブの種類によって
ストーブガードを選ぶようにしてくださいね。

小さなお子様がいるご家庭では
ストーブガードをつけて安全に過ごしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする