赤ちゃんの身の回りを除菌しすぎるママ増加中!除菌の必要性は?どこまで?

赤ちゃんが産まれて
気になるのが身の回りの除菌の必要性。

おもちゃで遊ばせる時や
オムツ替えの時など除菌しすぎているママって
結構いますよねm(__)m

今回は、

除菌はどの程度すれば良い?
除菌の必要性ってある?

などの、素朴な疑問について詳しく調べてみました!

赤ちゃんのおもちゃや家具など、除菌の必要性は?

目にしたものを手にしては、
すぐ口に入れてしまうのが赤ちゃんですよね。

赤ちゃんのこの習性は、「共感覚」からくるものです。

赤ちゃんは、モノを見たり、触ったりしても
識別できる能力が発達していないため、
舌で見分けている
と言われています。

このように舌で確認する行為は、
赤ちゃんの成長過程において必要な習性であります。

しかし、衛生面が気になり赤ちゃんが口にするものを
徹底的に除菌する方もいるかもしれません。

それは赤ちゃんの今後の健康において、
逆効果になることがあります。

赤ちゃんは、適度に菌に触れることで
身体が丈夫になり自然と抵抗力を身につけていきます。

すべての菌を排除するのではなく、
菌のある生活で菌と一緒に暮らしていくことを考えていきましょう♪

菌のある生活が必要と理解しましたが、
やはり大人と比べてしまうと、
赤ちゃんの抵抗力が低いことは間違いありません。

抵抗力の低い赤ちゃんは、
どこまで菌に触れて大丈夫なのでしょうか。

実は、汚れて不潔過ぎるものでない限り、
赤ちゃんの身体に影響を与えるほどの菌は
身近にはありません。

「基本、身の回りに怖い菌はない」
ということを忘れないでください。

赤ちゃんが何を口にしても
「抵抗力をつけるのに必要なこと」と理解しましょう。

そのため、赤ちゃんが「舐められるように」と
わざわざ除菌する必要はありません。

おもちゃや家具への除菌は
「汚れが目立つようであればきれいにしてあげる」
くらいの気持ちでいることが一番です(^^)

赤ちゃんの除菌はどこまですればいい?除菌頻度や時期は?

赤ちゃんは1歳ごろになるまでは、
大人の半分の抵抗力すらもたないといわれています。

そのため、1歳ごろの免疫がつくまでは
おもちゃなどのお手入れは、水洗い・水拭きを行うようにしてください。

では、どれくらいの頻度で除菌が必要なるのでしょうか。

それは、「おもちゃを外出先で使った」ときです。

外出すると、おもちゃを持ち歩いたりしますよね。

その際、チャック付の袋に入れて密閉する方がいると思います。

外出先で遊んだ後、再度袋に入れてしまうと
通気性が悪く、雑菌が増えてしまいす。

そのため、おもちゃからカビが生えることも考えられます。

使ったおもちゃを密閉した場合は、除菌するようにしましょう。

また、お友だちとおもちゃを共有したときも必要です。

基本的に口に入れてしまうおもちゃは、
わが子専用にしているかもしれません。

しかし、支援センターなどの公共の場で
集まって遊んだりするとそれが難しいですよねm(__)m

おもちゃを貸してあげた場合は
後で除菌を行うほうが安心ですね。

日常生活において、どうしても気になる方は
月に1回程度、除菌することをおすすめします♪

赤ちゃんの身の回りのものを除菌するおすすめのアイテムは?

除菌スプレー フレナチュラ

家中どこでも使える安心成分の
消臭除菌スプレー「フレナチュラ」。

わずか数秒で99%以上の除菌し、
さらにはオムツの臭いなどの嫌に臭いも
すっきり落としてくれる魔法のスプレー
です。

また、インテリアを邪魔しないボトルデザインで、
どこのお部屋にも置ける優れものになります。

Sourif スリーフ 除菌・消臭スプレー

楽天上半期ランキング2018で17位を獲得!

このスプレーは、水のようにやさしい成分で
出来ているのに除菌力は、99.9%を実証しています。

季節性ウイルスや突発性ウイルスなどにも
効果が期待できます。

また、弱アルカリ性なので赤ちゃんの使う
おもちゃや哺乳瓶にも安心してお使いいただけます。

クレベリン 置き型 60g

二酸化塩素分子の力で、浮遊するウイルスや
細菌を除去し、カビの発生を抑制してくれます。

さらに、トイレや生ゴミなどの嫌な臭いも消臭します。

置いておくだけで、持続的に効果を発揮するので、
手軽に除菌することが可能です。

PANASONIC ziainoジアイーノ 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機

部屋の空気を丸ごと洗う「空間除菌脱臭機」です。

除菌・脱臭はもちろんのこと、
浮遊する菌やウイルス、嫌な臭いにすばやく反応
してくれます。

さらに、家具など「モノ」に付着する
菌までも抑制する効果があります。

この効果は、幼稚園や老後施設などから評価を得ており、
公共施設からお墨付きをもらったようなものです。

さいごに

たくさんのモノを口にし、
ある程度の菌を身体に取り入れることによって
赤ちゃんは抵抗力を高めていきます。

そのため、過度な除菌は赤ちゃんの
成長を妨げることになることを忘れないでください。

しかし、あまりにも汚いモノは
除菌しなければ、衛生的ではないのも事実です。

赤ちゃんが触れるモノは、ある程度のお手入れや
適度な除菌で済ませるようにしましょうね(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする