カシミヤストールはいつまで?正しい使用時期とお手入れの洗濯頻度は?

寒い時期に大活躍のファッションアイテム
といえば「カシミヤストール」ですよね〜♪

ファッションのアクセントになるのはもちろん、
寒さ対策には欠かせないアイテムです!

そんなカシミヤストールですが、
使う時期は寒い季節限定なのでしょうか?

今回はカシミヤストールの正しい使用時期と
洗濯頻度などのお手入れ方法について
詳しくお伝えしていきます。

カシミヤストールはいつまで使える?正しい時期は?

カシミヤの繊維は、肌触りが柔らかく、
保温性、保湿性、光沢感があるのが特徴です。

その性質を生かした「ガーゼ織り」のストールは、
薄く柔らかさがあります。

実は知られていませんが、
カシミヤストールは
オールシーズン使えるファッションアイテムなんです!!!

では季節別に使用方法やおすすめストールの
選び方を見ていきましょう。

日中暖かくても、肌寒さを感じる時期です。

そんな時期の羽織物として
カシミヤの大判ストールが使えます。

色はパステルカラーなど春を感じさせる色を選ぶと
季節感を外しません。

暑い夏、職場やお店のエアコンは「寒い」と
感じるくらい効いてはいませんか。

夏でも羽織物や膝掛けとして
カシミヤストールが重宝するんです。

シルク素材など別の素材が混合しているものを選ぶと
暑苦しさを感じさせないのでおすすめですよ!

秋~冬

カシミヤ100%のストールがおすすめです。

保湿性と保温性に優れているだけではなく、
冷気を遮断し放熱を抑えてくれるので防寒対策に適しています。

さらにコーデのポイントにもなり、おしゃれが楽しめます。

といった感じで
カシミヤストールは1年を通して使える
便利なファッションアイテムです(^^)

カシミヤストールの正しいお手入れ方法。洗濯の頻度は?

カシミヤストールを正しくお手入れすることで
長い間使い続けることができます。

正しいお手入れ方法や洗濯方法などについて
お伝えしていきますね(^^)

洗濯前には準備をしっかりと

・洗濯表示

まずは、洗濯表示を確認してください。

カシミヤ以外の素材が混合されている
ストールもあります。

そのストールに合わせた洗い方を行いましょう。

・洗剤

洗剤は「中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)」を使用します。

また、色落ちを防ぐのにストールの
目立たない部分に少し洗剤を垂らしてください。

5分置いたあとに拭き取り、
色が落ちていなければ問題はありません。

・ブラッシング

カシミヤの毛は細く、1本1本の間に空気が含みます。

その間に埃や汚れが溜まりやすくなっているので、
ブラッシングで落としてください。

手洗いの場合は?

手順1

30度以下の水を桶に準備し、中性洗剤を溶かします。

水の温度が高いと縮む原因になるので注意が必要です

手順2

洗剤を溶かした水で優しく押し洗いします。

2,3回で優しくすすぎましょう。

手順3

仕上げに柔軟剤を使います。

新しい水に柔軟剤を溶かして3分ほど浸して、
優しくすすいでください。

手順4

最後は脱水です。

脱水は、洗濯機で30秒ほど行います。

もしくは、バスタオルなどの間に挟んで
水分を取り除く方法でも問題ありません。

洗濯機の場合は?

洗濯機で洗う場合は、
カシミヤストールだけで洗いましょう。

手順1

ドライコースや手洗いコースなどを選択します。

フリンジがある場合はフリンジが絡まることを避けるため、
フリンジを内側に畳んでネットを使用してください。

手順2

脱水時間は手洗い同様30秒ほどで止めます。

洗濯後の干し方は?

風通しの良い場所で陰干しにします。

形崩れしないように縦と横に少し引っ張り、
整えて干してください。

乾燥機を使用すると縮む原因になりますので避けましょう!

普段のお手入れ方法は?

ストールの使用後はブラッシングをしましょう。

埃や汚れを落とすだけではなく、毛並みも整えます。

それでも、毛玉ができてしまった時は、
引っ張らずにハサミなどでカットしましょう。

普段のお手入れをまめに行い、
お洗濯はシーズン終わりにすることで長く使用できます。

長く愛用できる人気のカシミヤストールとおすすめの洗剤は?

丈夫でしっかりとしたカシミヤストールは
きちんとお手入れをすることで
何年も使い続ける事ができます♪

使い勝手の良いと人気のカシミヤストールと
カシミヤストールのお手入れにおすすめの
洗剤をまとめてご紹介します(^^)

JOHNSTONS

カシミヤ100%のストールです。

飽きのこないタータンチェックで
上品で落ち着いた雰囲気を作り出します。

羽織物や膝掛けなど様々な場面で活用できます。

mattitotti (マッティトッティ)

mattitottiは、軽くて弾力性に優れており、
型崩れしにくく、持ち運びにも便利です。

またカラーも豊富で、定番のものから
個性的なものを選ぶことができます。

カシミヤ無地大判ストール

BUYERは中国内モンゴル産のカシミヤが
使用されており、触った瞬間から暖かさを
感じることができます。

カラーは、20種類と多く取り揃えてあるので、
自分のお気に入りの色が見つかるはずです。

プロ・ウォッシュ1000ml

ドライマークが洗える洗剤です。

衣類を守る成分が含まれているだけではなく、
洗いあがりも柔らかく仕上げてくれます。

さらに、使用することで汚れから衣類を守り、
汚れも落ちやすくしてくれる効果があります。

ザ・ランドレス The Laundress ウール&カシミヤ シャンプー シダー C-006

ドライクリーニングでしか洗えなかった
ウールやカシミヤなどの毛織物素材用の洗剤です。

汚れを落とすだけではなく、天然成分を守るので
自然なツヤを維持できます。

香りは、防虫効果のあるシダーになります。

さいごに

カシミヤストールは色や混合する素材を意識すれば、
オールシーズン使えるアイテムです。

カシミヤは高価なものが多いですが、
その分、上質なものなので何年も使い続ける事ができます。

お気に入りのストールを見つけて、
長く愛用してみてはいかがでしょうか(^^)?