着物や振袖の脇に穴が開いてるのはナゼ?脇が見える場合の対処法は?

着物や振袖の脇に穴が開いているのは
なぜなのか疑問に思ったことはありませんか?

また、脇が見える場合にはどう対処したら
良いのかは知らない人がほとんどですよね〜。

着物や振袖は、着る機会が限られていますし、
慣れ親しんだものではないので
知らなくても無理ありませんよね。

そこで今回は、着物や振袖の脇に開いている
穴について解説していきます。

着物や振袖の脇に穴が開いてる理由は?

着物や振袖の脇に穴が開いているのは
理由があってのことなんです。

身八ツ口(みやつぐち)と言われる脇の穴。

身八ツ口がある理由は、まだ冷房なんてものがなかった
昔でも夏の暑い時期には汗をかきました。

人間ですから、昔の人だって汗をかいて当然ですよね。笑

しかし、着物だと通気性も悪く、
熱がこもってしまいがちになってしまいます。

そこで、着物の通気性を良くするために
脇に穴が開いている
と言われているんです。

また、そこから汗をふくこともしていました。

他にも、赤ちゃんに授乳をするときに、
着物だと大変だったので、身八ツ口から授乳し、
もう片方の袖で隠していたとも言われています。

着物や振袖の脇が見える場合の対処法は?

脇があいているものだからと言っても、
身八ツ口からインナーが丸見えになるのは嫌ですよね。

そんな時の対処法としては

・見えないように心がけた動作をする
・着付けをするときに見えにくいように着付ける
・見えても恥ずかしくないようなインナーを選ぶ

これらのことで身八ツ口から
脇が見えてしまうのをカバーすることができます。

身八ツ口は広く開いているので、
完全に見えないようにカバーするのは
慣れていないと難しいかもしれません。

身八ツ口を気にして意識するだけで
動作はだいぶ変わりますし、
自然と女性らしい動きになりますよ。

着物や振袖のときにおすすめのインナーは?

着物や振袖は、普段から着るものではないため、
インナーもどんなものを選べば良いか
わからない方も多いのではないでしょうか?

そんな人のために、オススメのインナーをいくつかご紹介します。

肌襦袢 3点セット

肌襦袢と裾よけ、足袋の3点セットになったものです。

東洋紡糸の高級ガーゼを使用しているため、
肌触りが良いのはもちろん、軽いのも魅力の1つです。

仕立てが丁寧にされているため、
家で洗ってもほとんど縮まないため、
家で手軽に洗えるのもいいですね。

裾よけもすべりが良くなるように作られており、
裾さばきもスムーズです。

肌襦袢と別れているので、着るのも楽ですし扱いやすいです。

肌襦袢 ワンピースタイプ

裾よけ部分はポリエステル素材でシワになりにくく、
裾さばきもスムーズです。

腰より上の身頃の部分は綿で出来ているため、
汗をかいてもしっかり吸収してくれますし、着心地も良いです。

直接、肌に触れる部分なので、
肌のことを考えて作られているのも嬉しいですね。

もちろん、ポリエステルと綿なので
家で洗濯することもできます。

ワンピースタイプになっているので着るのも簡単です。

インナーが着崩れて
くしゃくしゃになってしまう心配もありません。

和装ブラジャー

和装ブラジャーを着用することによって、
胸を鳩胸にしてくれるだけでなく、
着崩れを防いでくれるのでおすすめです。

肌触りも良く、多少の伸縮性もあるので、
長時間つけていても疲れにくいです。

着物や振袖は、ただでさえ締め付けられるので、
着るだけでも疲れてしまいます。

それに普段のブラジャーをつけていると、
余計に疲れてしまうので、着物や振袖の際は、
和装ブラジャーを着用することをおすすめします。

まずはインナー選びで
失敗しないように、自分で良いと思えるものを選びましょう。

インナーは、どれも自宅で洗濯することが
出来るものばかりなので、自分で着やすいものだったり、
身八ツ口から見えてしまったときにも恥ずかしくない、
チラッと見えてしまっても平気なものを選ぶようにしましょう。

上下が別になったものが良いのであれば3点セット、
繋がったものが良いのであればワンピースタイプ、
下着も和装ブラジャーにすることで、
着物を着たときの見た目が変わってきますよ!

まとめ

着物や振袖、浴衣を着るときもそうですが、
普段の着慣れた服とは違うので、
着崩れしたり等、不便を感じることも多いかもしれません。

しかし、着物や振袖を着る機会が減っている
今だからこそ、たまに着るときには
動きなど女性らしい動きを意識してみてください。

普段、自分が街中を歩いていても
着物を着ている人って目につきますよね。

そんな着物を着ているときの立ち居振舞いが良ければ、
周りにも良い印象を持ってもらうことが出来ます。

せっかく着物を着るのであれば、
美しく周りに良い印象を与えられるように着こなしましょう♪♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする