卒園式に兄弟(下の子)を連れていってもいい?下の子の服装はどうする?

お子さんが主役の卒園式。

わが子の姿をしっかり見守りたいですよね(^^)

兄弟姉妹がいるご家庭は
卒園式に下の子を連れて行くか悩みますよね〜。

卒園式の間、下の子を見てくれる人がいない…
という親御さんも多いと思います。

卒園式に兄弟姉妹(下の子)を
連れて行ってもいいのでしょうか?

下の子を連れて行く場合ぐずった時の対処法や、
下の子の服装についてもまとめてみました!

卒園式に下の子を一緒に連れてきてもいい?

卒園式の雰囲気って、厳かな空気が漂っていますよね…

そんな雰囲気の中に、
下のお子さんを連れていっていいのか
お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

連れて行っても他の人に迷惑をかけてしまうかも…
そんなことを考えてしまいますよね。

でも、大丈夫ですよ!!!
連れて行ってあげてください(^^)

マナーさえ、守っていれば何も問題はありません。

注意点や対策方法について、ご紹介しますね〜。

1、子どもが愚図ったら、会場内ではなく外に出てあやす。

2、離席などで迷惑にならないように、出入口近くの席に座る。

3、式に水をささないよう周りに気を付けて、迷惑をかけないようにする。

4、究極の裏技は、音が立たないお菓子を持っていく。せんべいなどは音が大きいのでNGです。

愚図る前にお菓子をあげれば、
落ち着いて席に座る時間が長くなります。

また、子どもが愚図ってから外に出るのではなく、
「愚図りそう」って思ったら外に出たほうが、
他の親御さんへより迷惑がかからないですよね。

幼稚園や保育園によっては下のお子さんを
連れて行くことを禁止しているところもあります。

連れて行く前に必ず園に確認してみてくださいね!

卒園式の兄弟の服装はフォーマルじゃなきゃダメ?

下のお子さんを連れていくって決まったあとは、
次は服装の問題が出てきますよね。

やっぱり式になりますから、ラフすぎるのもよくないです。

式に合わない服装を挙げるなら、
ヨレヨレ服の生活感ある服装です。

他にもキャラクターがメインになっている服も式には不向きです。

オススメは、やっぱりフォーマルな服が一番です。

しかし、小さなお子さん用のフォーマルな服を
持っている方は少ないと思います。

なので、新しくて「正装感がある」服で問題ありません。

例えば、襟つきのシャツにセーター、
スカート、ズボンなどです。

ズボンの色が派手過ぎにならないように気をつけてください。

出来るだけ、上品に見えれば会場でも浮かないでしょう。

卒園式の服装(下の子)のおすすめは?

セットの商品や、手持ちの服+1点で
コーディネイトできるものをまとめてみました。

是非、参考にしてみてくださいね♪

ニットベストセット4点セット

細かい千鳥格子のハーフパンツに
白シャツ・ネクタイ・ベストの4点セットです。

ベストはニット素材になっていて、
胸にオリジナルの紋章ワッペンがあります。

それがまた、おしゃれ度をグンとアップさせてくれます。

ハーフパンツは動きやすくなっていますが、
細かい千鳥格子の模様でカッチリした印象を与えてくれます。

ウエストは内側がゴム仕様になっているので、調整も可能です。

半袖ワイシャツ 蝶ネクタイセット

襟が定番のレギュラーカラーで、
前たてはシャツの前端が表に折り返しになっています。

ネクタイは黒と白から選べます。

首周りを簡単に調整できるタイプのものになるので窮屈にはなりません。

レイヤード風トレーナー

襟つきシャツに、Vネックの重ね着風トレーナーです。

柔らかい素材が使われていて着心地もよく、
1枚で簡単にコーデが出来ちゃいます。

ネクタイは裏にボタンがついているので取り外しも可能です。

ちょっとしたおでかけにも、
フォーマルな場面でも着られる1枚になっています。

enchante petit 長袖フォーマルワンピース

上品な着丈で、ウエストには控えめなリボンがあります。

ノーカラーのワンピースで、
しっかりした生地感で、季節を選ばずに着られます。

発表会や冠婚葬祭にも着まわし可能な
1着になること間違いなしです。

リボンカーディガン

胸についているチュールリボンが
かわいらしいカーディガンです。

リボンは4つあり、2つのリボンにパールが施されていて、
フェミニンな雰囲気を作り出してくれます。

袖は、ふんわりとしたマニカ・カミーチャ袖になっています。

上質な生地を使用されており、
フォーマルな場面でも着られるのに
ストレッチも効いていて窮屈感がありません。

まとめ

今回は、卒園式に下の子を連れて行っても良いのか?

下の子を連れて行く場合の注意点と服装について
お伝えしました。

式の最中さえ気をつければ、
下のお子さんを連れていくのは簡単ですね。

お子さんの異変にすぐ察知し、
愚図る前に対応してあげてくださいね!

服装もバッチリ決めて
上の子のお子さんの晴れ姿を楽しんでください(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする